ご挨拶

代表メッセージ

2005年に起業してから皆さまに支えられて13年。
これも社内外の皆様方のご支援とご指導の賜物と心より感謝申し上げます。
ソフトウェア開発受託・派遣事業をベースに、約4年間、試行錯誤を重ねた新事業である「理想の食」
のエコシステムの実現に向けて、大きな一歩を踏み出すことができました。

「理想の食」のエコシステム

医薬・バイオ等の科学技術の進歩は目覚ましく、命に関わる健康トラブルがあるときにとても心強い存在です。しかし、その一方で皆さんの日常生活の中で命に関わる大切なことなのに、あまりにも日常過ぎて意識されていないのが「食事」だと思いませんでしょうか?
生きていく上で大切な食事の摂り方=“食育“を教えてもらってない方も多くいらっしゃるかと思います。そもそも食がもたらす健康への影響について、常識と言われていることでさえ、数年後には間違っていた、となると、何を信じたらいいか解からない・・・という方もいらっしゃるかと思います。食事療法をしてくださいと言われたけれど、大変だし、そもそも料理苦手だし、という方も多いのではないでしょうか?私たちはその混沌とした状態の中に「解」を出したいと考えています。
その為にICT技術を活用し、最小限のデータから最適解を求める新しい技術で、皆さんにしっかりと栄養素を摂って頂き、活き活きとした健康的な生活を送れるサポートを実現していきます。
ひとりひとりに最適な「理想の食」を科学し、皆さんの日常に寄添える「利便性」「安心」「栄養」そして「美味しい」をお届けしたい。
私たちのシステムと食事と技術で、皆さんが「なりたい自分に」近づけますように。

メッセージ

「 ”ちゃんと”した商品開発の追求」

どんどん便利な世の中になり、この先も色んな物、事が凄いスピードでコンビニエンスになるだろう。便利と引き換えに何かを犠牲にしてしまっている事もある。便利になる事は悪い事ではない。
しかし犠牲になっている物、事については改善出来るのではないだろうか?それをちゃんと考える事が本当に幸せな便利さにつながるのではないでしょうか!TAVENALが考える「ちゃんと」とは人間ももちろん自然の一部自然に対して、人はどのくらいのさじ加減で手を加える事が良いのかそれを追求する事を「ちゃんと」すると考え、TAVENALの「ちゃんと」した商品開発を追求して行きます。

取締役 COO CPO
後藤 真臣

「妥協を許さないTAVENALの食づくり」

「食べて健康になる」「食べてなりたい自分になる」TAVENALの食における目的地はここにあります。
その為には一切の誤魔化しは意味を成し得ませんし、妥協は許されません。
食品添加物を原料からシャットアウトする。
肉や野菜は国産にこだわり、産地を特定する。
米も契約農家に無農薬栽培を委託する。
そのほかTAVENALの食にはたくさんの理念とマインド、メソッドが詰まっています。
しかしそれは技術なくしては実現は出来ません。
メニュー献立の作成から原材料の仕入れ、製造、そして出荷まで、食の技術とIT技術の融合によって不可能を可能にする一大プロジェクトを遂行しております。

取締役
谷村 徳二

「組織の成長のための2つの車輪で進む」

1つの車輪は、お客さまが直面してる課題解決にSIサービスで支援すること。
日々進歩するテクノロジーに注目し、お客さまの要望に社員一人ひとりが自信と誇りをもって応えられるよう成長していきます。
もう1つは、ICTをキーワードに食と健康に革新をもたらすこと。
健康への気付き・行動変容を促すサービス、個人に最適化された食事を提供するための仕組みを実現しようと挑戦しているエンジニアがいます。
個々の目的に対しメソッドを提供するアプリの開発や生産者から消費者までトレーサビリティの管理、販売や生産を支援するシステム、効率化のための自動化など、多岐にわたるシステムの構想があります。個人と食と健康の情報基盤となるTAVENALプラットフォームを構築し、ひとりひとりに最適な食事を提供するサービスの実現を支援していきます。

執行役員 システム開発部部長
今村 昌樹

「健康で豊かな人生のお手伝いを」

過去の私は生活習慣病のオンパレードで、まさに「医者の不養生」。でも「薬さえ飲んでいれば良い」と考え、生活習慣を見直すことはありませんでした。薬はどんどんと増え、悪化の一途…そんな時、栄養学を学び直すキッカケに出会いました。自身で実践し、17キロの減量に成功。薬を飲む必要もなくなり、栄養の事を正しく知れば、食べることを我慢するのではなく、美味しく・正しく食べることが健康に繋がると気づきました。
健康であることはかけがえのない財産です。
医師として、沢山の病気の方に接してきたからこそ、それを痛感しています。豊かな人生も健康な身体があってこそです。
「食べて健康になる・なりたい自分になる」、そのお手伝いが出来るよう、様々な観点からアプローチしていきたいと考えています。

Wellness Producer, M.D.
上杉 哲平